ピーリング 効果

ピーリングの効果とは?

ピーリングとは薬剤を使って、お肌に残った古い角質を人工的にはがし、お肌のターンオーバーを促すスキンケアです。

 

ピーリングはお肌に刺激が強くて、あまり行ってはいけないスキンケアのようにお考えの方も多いのですが、実はお肌にやさしいピーリング剤を選んで使うことで、様々な肌トラブルを解消できる方法です。

 

いろいろなスキンケアを試しても、なかなか肌トラブルが改善しないという方は、ぜひピーリングを試してみてください。

 

肌トラブルとピーリングの効果

 

お肌は皮膚が生まれ変わることによって、肌表面に新しい皮膚を形成します。これを皮膚のターンオーバーといい、大体28日周期で皮膚は生まれ変わると言われています。

 

しかし、紫外線の影響や加齢によって、肌に古い角質がはげ落ちずに残ったままになり、このターンオーバー機能が正常に行われなくなります。

 

肌を触ると、ごわついた感じがすることがありませんか?これは古い角質が重なって角質肥厚を起こしているので、お肌を触ると硬くごわついた感じがするようになるのです。このような状態になると、いくら高い美容液を使っても、浸透しづらい状態になり、美容効果が半減してしまいます。

 

ピーリングは、この古い角質を薬剤ではがすことにより、皮膚のターンオーバー機能を正常に戻し、肌のくすみ、ニキビ跡、毛穴の黒ずみ、シミ、シワなど、あらゆる肌トラブルを改善する効果が期待できます。

 

またピーリングを行った後のお肌には保湿成分や美白成分が浸透しやすくなり、美容効果をアップさせる効果もあります。

 

ニキビ跡への効果

 

本来、ニキビ跡は傷跡と同じで、時がたてば自然に目立たなくなっていくのですが、ターンオーバー機能が崩れてくるとなかなか消えなくなり、放っておくと紫外線を浴びてシミのようになってしまいます。

 

シミのようになってしまったニキビ跡には、ピーリングを行い、美白効果のあるビタミンCやアルブチンなどの成分を配合した美白化粧品を使うと、比較的早く効果があらわれます。

 

毛穴の黒ずみへの効果

 

毛穴が黒ずむのは毛穴に詰まった古い角質と皮脂が原因。また紫外線を浴びることで酸化することも黒ずんで見える原因の1つです。

 

毎日の洗顔で毛穴の中を清潔に保つことが大切ですが、それでもどうしても黒ずみが消えないという方にピーリングが有効です。洗顔で落としきれなかった、毛穴の古い角質なども落としてくれます。古い角質を落とすことで、新たな毛穴詰まりも予防してくれるので、徐々に毛穴の黒ずみが目立たなくなってきます。

 

毛穴の開きが気になるという方で、どうしてもピーリング剤でピーリングを行うのが怖いという方は、こちらのサイトで紹介している角質ケアが効果的です。ぜひ参考にしてください。⇒毛穴の開きを治す化粧品

 

アンチエイジング効果

 

加齢に伴う肌の老化はピーリングで予防できます。

 

ピーリングを行うと、皮膚のターンオーバー機能改善はもとより、あらゆる美容成分がお肌に浸透しやすくなります。

 

コラーゲンを増加してシワやたるみを改善するアンチエイジング効果のあるビタミンCやペプチド、レチノールなどの美容成分は、肌が硬くなっていると浸透しにくいのですが、ピーリングを行うことによって肌の奥に浸透していくので、本来の効果を発揮することができます。

 

また肌のくすみも改善されるので、肌色がよくなり、若返り効果が期待できます。

 

シミへの効果

 

皮膚のターンオーバーが活性化されると、紫外線などの影響で作られたメラニンがどんどん排出されるので、ピーリングはシミにも効果があります。

 

ピーリング後にビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどの美白成分を補給すると浸透しやすく、シミへの効果が倍増します。